インプラントの現状と展望

インプラントとは、抜けた歯の代わりに顎骨に人工歯根を埋め込んで、その上に義歯のクラウンを構築する治療法です。
日本に普及して約30年経ち様々な改良を受け、現在は生体に馴染みやすいチタン製の人工歯根を使用します。


インプラントの長所は、まず機能性と審美性が優れていることです。

人工歯根は顎骨にしっかりと固定されるため、元の歯と同じ力で噛むことができます。

色は周囲の歯を合わせるため、金属製の詰め物のような違和感がありません。


またブリッジや入れ歯のように、支えになる健康な歯に負担をかけないのも大きな特長です。



一方インプラントの弱点は、まず治療期間の長さです。

一般的な手術は人工歯根の埋め込みと、クラウン構築の2回に分けて行われるからです。

またそれに伴う費用の高さもネックです。

顎骨の状態や持病の有無で適用不可能な人もいます。



しかし近年は様々な改善への取り組みが行われています。

治療期間の長さについては、一体化した人工歯根とクラウンを使用し、1回で手術を行う方法が開発されました。費用の高さについては、この1回の手術法の適用のほか、廉価で品質が良好な材料に見直しをする医院が増えています。
またインプラントの応用技術も進んでいます。

All About情報を調べられるこのサイトはオススメです。

例えば今までは多数の歯が抜けた場合は、総入れ歯しか選択肢がありませんでした。


現在は人工歯根を数ヵ所埋め込んで支柱とすることにより、より安定した土台を構築することが可能です。


そのほか顎骨が弱い場合でも、骨再生療法や骨移植により適用可能な患者が増えています。

Copyright (C) 2015 インプラントの現状と展望 All Rights Reserved.